Virtual NanoLab(略称:VNL)製品概要

Virtual NanoLabは、計算エンジンAtomistix ToolKitを実行するためのユーザーフレンドリーなGUIツールです。VNLはモデルの作成、NanoLanguageスクリプトの作成、計算の実行、結果の可視化を同一の画面上から直感的な操作で実行することができます。


VNLの機能とVNLとATKの関係

Custom BuilderDatabaseBulk Builder Script GeneratorEditorJob Manager Viewer Custom Analyzer


VNLでの操作イメージ

機能詳細

Builder

予め用意された分子・結晶構造から、任意のデバイス構造や界面構造を作成するためのツールです。

  • 分子構造 ⇔ バルク構造の変換
  • 回転、並進操作
  • スーパーセル構造の作成
  • 表面、スラブ構造の作成
  • 界面構造の作成
  • 誘電体、ゲート電極のセットアップ

Custom Builder

グラフェンデバイスや磁気トンネル接合など、特定の用途に合わせて構造を簡便に作成するためのツールです。Custom Builderツールで作成した構造をBuilderツールで編集することも可能です。また、NanoLanguageを用いることにより、オリジナルの構造作成用GUIツールを構築することができます。
  • カーボンナノチューブ構造の作成
  • グラフェンデバイス構造の作成
  • 分子デバイス構造の作成
  • バルク構造を2プローブ構造へ変換
  • 磁気トンネル接合構造の作成
  • クラスター構造の作成
  • ナノワイヤー構造の作成
  • オリジナルの構造作成用GUIツールの構築

Database

結晶構造、分子構造、フラーレン構造のデータベースです。

Script Generator

計算実行用のNanoLanguageスクリプトをGUI上から作成するツールです。作成したスクリプトは、GUI上から実行可能です。

  • 計算エンジンの選択
  • 計算パラメータの設定
  • 初期スピン配置の指定
  • 構造緩和計算のセットアップ
  • 計算する物理量の選択

Editor

作成したNanoLanguageスクリプトを、用途に合わせて編集するためのツールです。

Job Manager

NanoLanguageスクリプトを実行するためのツールです。計算の途中結果は随時ログウインドウに出力されます。

  • NanoLanguageスクリプトの実行
  • 計算の出力結果をテキストファイルとしてエクスポート

3D Viewer

入力構造や電子密度を可視化するためのツールです。

  • 分子、バルク、2プローブ構造の3次元表示
  • 電子密度や静電ポテンシャルの等高面(contour)、等値面(isosurface)表示
  • 表示された画面情報をファイル形式(bmp,pbm,pgm,png,ppm,xbm,xpm)で出力
  • 原子間に働く力をベクトル表示
  • 構造緩和過程のムービー表示

Custom Analyzer

計算結果を解析するためのツールです。また、NanoLanguageを用いることにより、オリジナルの解析用GUIツールを構築することができます。

  • I-V特性の解析
  • コンダクタンスのバイアス依存性や温度依存性の解析
  • SIESTA型数値基底関数の可視化

二次元データの可視化

透過係数、バンド構造、状態密度等の二次元データをVNL上で可視化できます。また、数値データを出力することも可能です。

サポートされているデータ形式

CAR, CIF, XYZ, Cubeがサポートされており、これらのファイルのインポート/エクスポートが可能です。

数値データの出力

任意の二次元もしくは三次元データを数値データとし、外部の可視化ツールを用いて解析することが可能です。

関連ページ

お問い合わせ

Copyright © 2011 QuantumWise Japan KK All rights reserved.